ポイントは「何気なさ」!単身赴任中でも寂しくない、コミュニケーション法3選

夕飯やペットなど、日常の何気ない写真

単身赴任で離れ離れに暮らすふたりにとって、最も大切なコミュニケーションツールは携帯電話ではないでしょうか。もちろん、電話やメールでも支えることは可能ですが、相手を気づかって言葉選びも慎重になりがちです。そこで有効なのが写真。少ない言葉だけでも、写真によって伝わりやすくなります。写真の内容は、お互いの共通の趣味を選ぶのが無難です。相手が様子を知りたがっているものを選ぶのもおすすめです。その日の夕飯やペットの様子などを相手に見せてあげれば、お互いほっこりとした時間を共有できることでしょう。

同じテレビ番組を見ながら、電話orメール

普段何気なく見ているテレビ番組も、話のタネになります。同じテレビ番組を見ながら、お互いの考えを話してみましょう。リアルタイムで放送している番組なら、「今」という同じ時間をいっしょに過ごせている、というイメージが持てて寂しさも吹き飛ぶかもしれません。お互いに好きな番組なら話も弾みます。ニュース番組なら、その日あった出来事を話し合うことでお互いの価値観を知ることが出来ます。CM中に中座する場合は、相手に一言声をかけてから。

たまには手紙を送ってみる

携帯電話でのコミュニケーションが充実している今では、なかなか手紙を送りあう夫婦はいないのではないでしょうか。だからこそ、手紙でやり取りをすると特別感を感じることができるのです。手紙に書く話題は、相手に届くまでの時間を考えて、あまり緊急性のないもの、深刻すぎないものをチョイスしましょう。手紙の最後に、ひとつ感謝の言葉を添えると好印象です。

単身赴任の家具はその度に購入していたり、移動すると費用がかかってしまうので、家具レンタルが人気です。